冠婚葬祭における家族葬の役割と料金相場

###Site Name###

家族の方が亡くなってしまった場合、まず考えなければならないのがお葬式の手配です。


お葬式には数多くの種類があり、たくさんの人が出席する一般的な葬儀から、葬儀は行わずに火葬だけを行うタイプの物まで様々です。その中で「家族葬」と呼ばれる冠婚葬祭の形態は最近非常に大きな注目を集めています。その大きな特徴としては、家族以外の参列をお断りし、家族だけで葬儀を行うといった方法です。



家族といってもごく近い血縁者のみが呼ばれますので、一般的に参列者の数は10人以下となる事がほとんどです。
親族や特に仲の良かった友人も招待しないのが一般的です。

家族葬にかかる料金は約50万円程度と一般の冠婚葬祭に比べては料金が安価です。

人気なAll Aboutがどんなものかご存知ですか。

豪華な祭壇や飾りつけ、会場の手配や参列者のおもてなしといった業務にかかる人件費などを節約することができるためです。また、香典返しなどの料金も最小限に抑える事が出来る事がら気軽に行う事の出来るお葬式の新しい形として大変注目を集めています。

家族葬の料金情報の公開中です。

しかし、冠婚葬祭を身内に知らせることなく行う家族葬では、「何故自分が呼ばれなかったのか」といった親族からの苦情が入る事も稀にあります。
また、葬儀が終わった後にお線香をあげにきたいといって家まで押しかけられてしまう可能性もあります。

このような事態を防ぐためには、事前に親族に「家族葬」を行う事をしっかりと説明しておいて、お香典やお線香については気持ちだけ頂くといった丁寧なお断りを入念に行っておくことが大切です。